言いたい放題

顧客の投資の部分にかぶりつくのではなく、顧客の必要経費の部分に入り込むのだ。

「それがあれば、利益が生まれる」。こんな商品はよく売れる。ただ、それがあれば利益が生まれるようにする能力が必要になる。すべての人にとって、「それがあれば、利益が生まれる」なら理想的だが、現実にはそんなことはあり得ない。

この不景気な時代においては、「それがあれば、利益が生まれる」ものは、かなり多様化していて、下手をすれば、10人いれば、違う10個かもしれない。

商品を作る立場からすれば、これはどうにも好ましくない。効率が悪いからだ。

だが、解決策はある。「それがあれば、利益が生まれる」ではなく、「それがなければ、利益が生まれない」にシフトすればいいのだ。つまり、利益を生むための充分条件の商品ではなく、利益を生むための必要条件の商品を作ればいいのだ。

顧客の投資の部分にかぶりつくのではなく、顧客の必要経費の部分に入り込むのだ。

[2010/08/04]

この記事へのコメント(0)
コメントを書く

お名前:


メールアドレス:


ホームページアドレス:


コメント: